お酢の力 軸付砥石

ど素人の酢がショベルFLHのメンテナンスに奮闘する日記ですorz。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

今年はほとんど作業できなかった・・・。

むむむむ、、、今年はほとんど作業できませんでした。
場所が場所だけに、そして仕事も変わったので余裕がありませんでしたわ。

あと数年はバイク作業できそうにないので(小さな作業はできそうだけど)
出先でできる作業をがたまったらボチボチ載せていければと思います。
皆さん、良いお年を。
スポンサーサイト
雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

久しぶりの旋盤作業

実家と出先での行き来でろくに作業できません。

また、最近は仕事疲れが多く作業できていませんなぁ。
今回は久しぶりに少し作業進めてみました。

廃盤になったので3年以内でパーツ類の補給がなくなってしまいます。
いまのうちに買えるものは買っておきましょう!!
そこで、今回購入したのが円弧削りだし工具です!

DSC_0225.jpg
取り付け方で一瞬、どうすんのかわからなくなりましたw
付属品についていた、四角いナットをレースに入れて、元の四角ナットも使い二重でセットするようです。
この時本締めする際には円弧台そのものを奥側に押しながら固定した方が良いです。
若干ですがガタがあるので正確にセットする際は気にしてみてください。

DSC_0224.jpg  
こちら側を削るように作られています。


 
 
DSC_0227.jpg  
側面は・・・・。
短いものでは削る事は不可能みたいです。
バイト台もチャックに干渉しますし、干渉するまで寄せても上手く円弧の操作はできません。
円弧の溝を横に付けたいなら長い丸棒の状態でやらないとだめですね。





お次は、、、
ずいぶん前に一度設計したバッテリーマウントとオイルマウント。
当初は鉄で制作してたバッテリーマウントとオイルタンクマウント。
塗装したらスライド部分や取り付け部分の径が大幅に変わったので使えなくなってしまいました。
(アホですな・・・)

費用もたまったので、ここらでオールステンレスで制作し直しました。

ついでにネジ穴ですが、M8で制作していたところをインチに作り直す方向にしました。
バイクに直接つけるパーツなのでインチねじで統一していきましょう!
DSC_0248.jpg
M8でねじを切っていたので、3/8 UNF24に変更します。
8.4mmまで下穴をあけていきましょう。



DSC_0244.jpg
と、ここで久しぶりの作業が原因で凡ミスをしてしまいました。
・・・やっちまったw

ねじ穴が蛇行してしまった!!!

元からねじ切ってある物にたいして、ドリルで穴を拡張していくと微妙に蛇行するんですよね。
使用しているドリルアームの剛性が弱いのかもしれませんが・・・。

旋盤チャックの反対側にドリルを付けて穴を拡張してく方法は注意が必要ですね。
初めの頃制作した物は、ほぼ蛇行していたと思います。
ドリルの径を変えて穴を拡張していくとどこかのタイミングで蛇行する。
ドリルが若干曲がっているのが原因かもしれませんが・・・。
※ボール盤につけてまわしてゆがんでいるものとかあったのでw

一度ゆがんでしまうとオーバーサイズのドリルでも解消できないので、内径バイトで綺麗にするのをお勧めします。

2個中、1個は綺麗にインチボルトに変更できました。

DSC_0240.jpg
その他の部分もインチでねじ切りを行いました。
来週には、ロウ付け作業に移行できるかな???





カスタマイズ | コメント:0 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

まだ売っているのか?Proxxon PF 230

なんてことだ・・・。
そろそろ買おうかと思っていた旋盤へのアタッチメントのProxxon PF 230が生産終了になっていました。
これは厳しいなぁ。
今後の作業で必要になったマイクロ・ミーリング PF230が見つからない・・・・。
あたっちめんと

※旋盤上についているやつです。
旋盤で削ったものに対して溝や、中心に貫通穴をあけられるのでとても便利なのです。
これが買いたくても見つからない状態なので作業進みがとても悪くなっておりますw

PD230この旋盤本体もすでに生産終了しているみたいで、内部が壊れたら専用工具類は全て無駄になってしまう。
今後、この旋盤専用工具を買い足すか悩んでしまいますね。

いっそ、違う旋盤を買い直した方が良いのかな?
他の旋盤を購入しても産終了したら同じ事か・・・。



未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

テールランプの加工 その1

今回は、テールランプの加工をしてみましょう!
そのままポンつけだと面白くないので、軽い加工のみしてみます。

どの部分を加工するのか?
私の場合テールランプ側にナンバープレートを取り付けないのでその部分を埋めていきたいと思います。

DSC_2331.jpg
物は、こちら黒い塗装のビーハイブです。
もちろん社外品ですw
そして、状態の悪いものを選びます。
綺麗な物は、そのまま使いたい方用に加工しません。




DSC_2333.jpg
黒塗装で、ところどころ錆びています。
レンズもねじ止めです。
純正のビーハイブ(初期型スプリングでレンズ止めるタイプ)を持っていますが・・・。
やぱり微妙に形状が異なりますね。



DSC_2334.jpg
トップの開口部。
ナンバーを取り付けないので、この窓を埋めていきたいと思います。
埋め方は、同じ鉄板でロウ付けする感じ。

ロウ付けでの作業となるため、メッキボディではなく、黒塗装&鉄製であるビーハイブに決定しました。
トゥームストーンはアルミボディなので、今の私の装備ではアルミロウ付けが厳しいからです。
それに、トゥームストーンのナンバー受けの突起物を完全に取り除くとボディに大きな穴が開いて修正が不可能だからです。





DSC_2338.jpg
黒塗装を剥離していきます。
数枚のビニールにくるんで剥離剤ではがしていきます。
最小の剥離剤で作業していますw

海苔のようにペラペラにはがれてきました。




DSC_2339.jpg
この瞬間が一番気持ちいいですね。
鉄肌がまぶしいぜ!









DSC_2340.jpg
・・・。


ん・・・・。



鉄肌????

ステンレスってぐらい輝いているぞ???
また、ところどころ2トーンな色になっているけど。




DSC_2341.jpg
同じく裏面・・・・
これ、メッキされてね???

メッキされていたらロウ付けできねー。
わざわざメッキされていない黒塗装を選んで購入したのに・・・・。
むむむ、メッキ剥離の費用がでてしまうではないかww

市販の黒いビーハイブってメッキの上に黒塗装しているのかな?
とりあえずもう一つの黒いビーハイブをはがして確認してみましょうか。



電気・灯火系 | コメント:0 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

ショベル バディシートレールの再鍍金完了しました!

ささ、今月はまとった時間がとれたので実家で作業です。
たまっていた作業をこなしていきましょう。

つい先日、再鍍金に出していたパーツが戻ってきましたよ!
仕上がりに大満足です。

DSC_2228.jpg
こちらが再鍍金前の状態・・・。
結構錆が浮いてボロボロとメッキが崩れていきます。
このままでも味があるといえば味になるのですがw

さすがにタンデム時に手でつかむところがこれでは相手に悪いですからね・・・。
怪我されてもいやですし。

そこで、再鍍金にふみきりました。
当初別のメッキ屋さんに相談したのですが、今あるメッキの剥離、研磨、メッキで結構費用がいく感じでした。

ダメもとで探してみたお店では、なんと他店で見積もっていただけた金額よりはるかに安い金額で再鍍金してくれるとの話!

実際に仕上がったものがこれです。


DSC_2298.jpg
ぴっかぴか!




DSC_2299.jpg
つるっつる!

きれいに再鍍金してもらえました!!!

この調子で別のパーツもやってもらおうかな・・・。
高耐食性のメッキでやってもらいました!

いろいろと電話で相談からコストなど気軽に相談できて助かりました。


今回お世話になったのは大阪の和光鍍金さんです。
その他、錆が酷くなりそうなパーツは再鍍金(再生鍍金)しておこうと思いました。














カスタマイズ | コメント:2 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。