お酢の力 軸付砥石

ど素人の酢がショベルFLHのメンテナンスに奮闘する日記ですorz。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

旋盤の分解洗浄をやってみました

昨日木を削った事で色んな所に木くずが溜まってしまいました。
木屑は周りのオイルを吸い込み、水分も吸収するので錆びの原因になります。


スプリングシートのスペーサーを4つ作ったら、分解洗浄しましょうか。


CA3C0817_20140810200520cf8.jpg
スペーサーは無事4つ制作し終わりました。
木屑がたっぷり詰まっていますねw




CA3C0818_2014081020052162b.jpg
分解します。
コンセントを外してから作業しましょう。





CA3C0820_20140810200606b05.jpg
まずは、一番右のパーツ・・・。
こんな所まで木屑が溜まっている。




CA3C0821_201408102006060bd.jpg
これも外しました。
内部まで木屑が・・・。
これはもっと奥まで分解してグリスアップしないと駄目そうですね。





CA3C0822_20140810200607fdd.jpg
角度のパーツ。
鉄パーツとアルミボディの2パーツ構成のようです。
結構切り子が溜まっていました。
ここは購入後一度も洗浄&グリスアップしていなかったので、良いタイミングでした。
少しは動きよくなるかな?




CA3C0823.jpg
チャックを外します。
チャックを外さないとオイルパンから本体を外す為のボルトにアクセスできません。





CA3C0825_201408102006086cd.jpg
木屑をほじくりだします。
・・・一晩外に出していたので、結構湿気を吸い込んでいるようです。





CA3C0826_2014081020081369c.jpg
オイルパンから本体分離できました。
この状態の5倍くらい切り子がありました。
色々と切削してきたからなぁ。




CA3C0827_20140810200813a89.jpg
裏金を外します。
このパーツは、表側1点と裏側2点で固定されています。
このパーツを外すとレーンから分離できますが、自動送りのネジからは外れません。






CA3C0828_2014081020081433b.jpg
本体をオイルパンから外すと何とも情けない・・・ひ弱な感じがしますw
徹底的に今回は掃除していきます。





CA3C0830_2014081020081554b.jpg
裏面なのですが、4つの穴が開いています。
これは・・・何かの固定に使用するのかな?
オプションパーツで使用できるのかもしれません。
ここで分解洗浄は終わりました。
組み立てに入ります。



CA3C0831_20140810200815e29.jpg
・・・まじか。
外して30分で赤錆が出ています。
写真はコレでも錆を取った状態なんですよ・・・。

脱脂してしまうと油面がなくなるので一気に錆びてしまうようです。
再度磨きながらオイル漬けを行います。



CA3C0832_201408102010018bb.jpg
このオイルパンなのですが、高さが足りなくて切り子の掃除が大変なんですよね。
隙間もなくて・・・コレを改造したいと思います。
なので計測、計測っと。



CA3C0834.jpg
現状ではカスタムできないので、とりあえず取り付けておきます。
バイクのカスタムが終わっても旋盤は使用し続けるので、拡張も視野にいれて考えてみます。

歯切り旋盤機能をつけたいのですが・・・そのような感じにも拡張できるようにベース部分のみ手をいれておきましょう。

作業再開は・・・30日からです。
皆さん良い盆休みを!




スポンサーサイト
メンテナンス | コメント:2 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

本日は会社で使う物を作りますよー

会社で使う物を制作するのでバイク作業はサクっとしていきましょう。
そうそう、フェンダー届きましたよー!!!
ベースパウダーの上に鏡面塗装です。
黒く落ち着いた感じに・・・・



CA3C0805_201408092318331f1.jpg
なっていませんねwwww

薄いブラッククロームのはずなのですが、、、メッキ調と変わらんですな。
ちょっとイメージと違うのー。
落ち着いた感じにしたかったのだが・・・。
んー、、、ブラックメッキで発注したほうが良かったかな。





CA3C0806_20140809231833050.jpg
とりあえず、外装パーツなど大きめの物はBOXにいれて発送する方が楽ですね。
毎回段ボールに包むのは結構大変ですからね。
この方法が一番良かったです。





CA3C0816_2014080923183422c.jpg
なんかまだトップコートの強度が低い様に感じたので問い合わせました。
今回は厚めのトップコートのため完全硬化に時間がかかるようです。
一か月ほどで完全硬化らしいので、取り付けは一カ月後にしてみましょう。
下手に取り付けて、塗装面を傷つけるよりいいかなと。







CA3C0810_20140809232213ddb.jpg
シートスプリングについて
組み込み中・・・いろいろと径の問題がありますね。
ぴったりに作り過ぎていた部分が全滅ですねw
メッキ厚があるのは嬉しい事なので、今後は余裕持って作りますか。





CA3C0811_201408092322137bb.jpg
クリップを取り付けて完成ですね。
グリスニップルはネジ切れやすいので、強く締めつけるのではなくロックタイト使用して固定しますか。
ロックタイトの固定は最後の最後に行いますね。





CA3C0812_20140809232214211.jpg
この3つは、再度制作しないといけないようです。
内径がきつく取り付ける事が出来ませんでした~。
オイルタンクのパーツと共にメッキしてもらいますか。







CA3C0813_201408092322140ca.jpg
こちらの部分は、フェンダーが取り付けできないと装着できないのでしまっておきましょうか。






CA3C0815_20140809232215de4.jpg  
で、、、あとは会社で使用する物の制作時間でした。
木での制作は初めてでした・・・。
明日旋盤の木くずを全部取らないと錆び錆びになってしまうかも。

とりあえず、明日は会社で使用するパーツを仕上げていきましょう。
バディのシートパンが戻ってきたので、必要なスポンジ量の計測をして発注しましょう!!!







メンテナンス | コメント:1 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

ウインカーボディの状態をチェックする

今日は通院もさくっとおわり発送も済ませたので、旋盤作業をしていきましょう。
前回作りかけのカバーを作っていきましょうか。
片方しか出来てなかったので。

CA3C0696_2014070522061052c.jpg
アルミなので切削が簡単です。






CA3C0697_20140705220611f36.jpg
ただ、連続して削っていると、歯先にアルミが融着するので除去しながらやると良いかもしれません。






CA3C0699_20140705220612fc4.jpg
左右完成しました。
中身はまだ出来ていませんが・・・w





CA3C0700_201407052206121aa.jpg
続いて、そろそろ作業しないといけないウインカ-の作業をしていきましょう。
物はGUIDEの車用のバックランプが元です。



CA3C0701_201407052206132d5.jpg
ベースプレート、レンズ、など全てバラス作業をしていませんでした。
欠損部分や構造体に問題がないか確認する必要があります。






CA3C0702_20140705220837566.jpg
レンズは、全て欠けやヒビが入っている物はありませんでした。
よかったよかった。





CA3C0703_201407052208389fd.jpg
・・・ベースプレートは状態がまちまち。
これは錆が軽いほうです。





CA3C0705_20140705220838b2e.jpg
メッキ面も残っていますし、コルクも当時の物でしょうか。
これでは浸水するわけですよね。
完全に風化しています。






CA3C0708_20140705220839c83.jpg
電球が入っている物もありました。
やはり、浸水による錆が・・・・。
このマーカーレンズ構造欠陥あるんじゃなかろうかw





CA3C0710_20140705220839855.jpg
4つ中、1つだけかなり錆が酷い物がありました。
ナットすら、錆びて同化しています。





CA3C0712_20140705220840456.jpg
すこし頑張っていたらベースマウントの方が崩れてきましたw






CA3C0719_2014070522301672b.jpg
ようやく外れましたが、錆って恐ろしいですね。
1.5mm厚の鉄板なのですが錆びによってぺらっぺらになっていました。
手で簡単にほぐせるような感じまで崩壊が進んでいました。


CA3C0720_2014070522301767a.jpg
外見もかなり錆びている・・・。
一回アルミ面を出して再メッキして上げた方が良いかもしれない。




CA3C0722_201407052230182f5.jpg
とりあえず、分解とチェックが完了しました。
スタッドボルトは新しい物に変えて、ナットも新調しましょう。
ベースプレートですが、使い物にならない物が2点。
レーザー加工で作ったほうが良いかもしれません。


そうなると、このベースマウントに合わせて作ったLED球が無駄にwww
まぁ、しょうがない。
LEDのネタにもなるので新規マウントに合わせたLED球を制作してみたいと思います。





メンテナンス | コメント:0 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

ショベル コンフォートシートのパーツを自作する その5

今日も、ひたすら研磨の作業ですw
錆びの除去はしっかりしておかないと塗装後・スポンジ・皮張り後に問題が発覚しても修正できませんからね。
後もどり作業にならないようにしましょう。



CA3C0088_20130526211138.jpg
作業前に、田舎からもってきた種が・・・
芽が出たようです。埋めたのが1月ぐらいなのですっかり忘れていました。
大きく育ってくれるといいな。







CA3C0089_20130526211138.jpg
では、本作業を行いましょうか!
裏面はほとんど作業できていませんでしたからね。
(壮絶な錆取りだけの一日がはじまるのでした。)





CA3C0092_20130526211139.jpg
表側も結構磨き忘れ個所が多いようです。
今日は表側の磨き忘れからみていきましょうか。





CA3C0094_20130526211140.jpg
と、ここで溶接による修正を発見しました。
ここは、処置も中途半端なので再度溶接にて調整してもらいましょうか。






CA3C0093_20130526211139.jpg
裏面・・・かなり酷い錆びです。
ココまでするのに2時間近くかかりました。
錆びの根が深い事、狭い場所なので手動による磨きも入っています。






CA3C0095_20130526211140.jpg
ワイヤーブラシの長時間使用はやばいので20分ぐらい休ませ、その間に表部分の仕上げを行います。
磨きむらをなくすためです。
溝の部分は、紙やすりでもうまく剥離できなかったので、塗装屋さんに相談してサンドブラストをあててもらいましょう。
(まだ相談していませんが、この場所はサンドブラストじゃないと厳しいです)




CA3C0096_20130526211342.jpg
溝以外は、完了です。






CA3C0097_20130526211343.jpg
裏面の工具が入らない場所は、ひたすら紙やすりで処理を続けていきます。
地味で、そして凄く疲れる作業です。
(・・・自前のサンドブラストがほしい)






CA3C0100_20130526211344.jpg
う・・・・ここでクラック発見!!!
一番負荷と振動が来る場所なので、クラック入ったのでしょうかね?
裏面までクラック入っていたので溶接による穴埋めが必須です。






CA3C0099_20130526211345.jpg
裏面部分が錆び錆びなので、溶接うまくできるか心配ですね。
ここもサンドブラストをお借りする事ができたらしっかりメンテしたいです。






CA3C0098_20130526211344.jpg
この状態で開始から4時間ぐらい経過w

ほんとにこんな頑固な錆びと格闘するとは思いませんでした。
錆びている部分が”ほぼ全面”なのでw
やってもやっても終わりが見えて来ません。




CA3C0101_20130526211345.jpg
開始から5時時間経過。
手が棒のようになりましたとさw
赤錆が粉のように舞い、黒錆びが頑固で剥離できない。
ワイヤーブラシを何度もあて直しながら綺麗にしていきます。
紙やすりのゴミがドンドン増えているのがわかりますw




CA3C0106_20130526211642.jpg
作業(体力)の限界が来た感じがしたので、最後に20分間
化学錆取り剤を使用します。
この部分ドリルワイヤーブラシも入らず、紙やすりでも出来ない部分なので・・・。







CA3C0107_20130526211643.jpg
手動のワイヤーブラシで何度か擦りましたが、ほとんど変わりませんでした。
錆びの層が何重にもある感じですね。
もう、サンドブラスト様にお願いしましょうw






CA3C0102_20130526211643.jpg
さて、シートと外してしまったマウントはどうするのか?
たぶん今回もフランジナットを使用して溶接したいと思います。
リベット径からもM6が良さそうです。





CA3C0103_20130526211644.jpg
裏面はこんな感じ。
ナットを溶接したら、赤のロックタイトで固定します。
錆びなど再塗装時には分離できます。
M6ですが、6本もあれば強度的にも問題ありません。
要は、ズレ無いだけの固定なので横に対する力に負けなければOKなのです。
約6時間でこの作業内容・・・錆びはやばいな。
作業効率悪すぎる。


少な~~いですが給与が入ったので、作業停止していた物も順次再開して行きましょうw
丸ボスの在庫が無くなったので、素材の発注からはじめますか。
作業は来週に続きます。
近々、オリジナルコンフォートシート(シートスプリングマウント本体)の完成だ!




CA3C0109_20130526214553.jpg

追伸

赤錆のほうかなり舞いますので、防塵マスク必須です。
PM2.5対応のマスクですが、ここまで真っ赤になりました。

なので、

錆取り作業はマスクしましょうね!


健康第一です。




メンテナンス | コメント:2 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

ショベル コンフォートシートのパーツを自作する その4

その4です。
今回は写真が多いので分離します。




CA3C0063_20130525200721.jpg
こちらが外したシート側と合体していたマウントです。
特に問題はありません。
裏側の酷い錆び以外は・・・・。





CA3C0064_20130525200722.jpg
この錆び・・・
たぶん、表面から内部にまで浸食されている感じです。
表面を仕上げても、ボコボコ肌になってしまうでしょうな。




CA3C0067_20130525200722.jpg
でも、これでようやくマウント横の歪みの修正が行えます。
がっつり叩いて直していきましょう。







CA3C0070_20130525200723.jpg
本体の錆びが酷いので、効くかわかりませんが科学錆取り剤を散布しておきましょう。









CA3C0071_20130525200723.jpg
その間に、Tバーとのマウントパーツの修正に入ります。
錆びと塗装を取り除いていかないと、再塗装が出来ませんからね。






CA3C0072_20130525200841.jpg
結構、やばいですね。
グラインダーでやっと出来るレベルw
黒錆びなのか?わかりませんが・・・鉄肌がでてきません。
写真ではやっと綺麗な面がでてきたタイミングですw
あとは、工具が入っていけない部分なので手で作業するしかありません。
これが一番つらそうだw






CA3C0076_20130525200842.jpgCA3C0077_20130525200843.jpg
主に使用している工具は・・・
グラインダー(塗装・錆び除去用の荒い物)
ドリル(スチールワイヤーブラシ)



CA3C0078_20130525200843.jpg
・・・実は、錆び取り剤の効果がほとんど出ませんでした。
開封してから時間経っているからか???
後は、物理的に取り除く作業しかありません。




CA3C0080_20130525212127.jpg
ちなみにこんな物も買っておきました。
工具が入らない部分はこんな物達を駆使して、錆を全て取り除いていきましょう!





CA3C0081_20130525212128.jpg
ぷはぁー疲れた(´Д`;)
表面・・・半分手作業でしたw 
かなり頑固な錆びのようです。
あと、フェンダーと違って凹凸が凄く多いので作業効率が悪いw
しかも、工具で入らない部分=完全に手作業なのです。





CA3C0084_20130525212129.jpg
作業開始から3時間強で、ようやく表側の剥離が進みました。
まだ、溝部分が残っていますので、明日ワイヤーブラシを使用して錆取りを行いましょうか。







CA3C0086_20130525212129.jpg
アクセサリーを付けてみました。
すんなり付いたので、本体その物が大きく歪んでいる部分は無いようです。





CA3C0087_20130525212130.jpg
表面だけでも綺麗になったので、そのままバイクに乗せてみました。
流石にこの状態で乗る勇気はありませんw
痔になってしまいそうw
特にお尻の大事な部分とシート丸い凸部分がどんぴしゃなのでw


明日も、ひたすらシートの剥離作業です。
製図は終わりましたので、来月には仕上がってくるでしょう(^v^)





メンテナンス | コメント:0 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。