お酢の力 軸付砥石

ど素人の酢がショベルFLHのメンテナンスに奮闘する日記ですorz。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

Eキャブの装着してみよう

さて、昨日はほとんど作業できなかったので


今日はしっかりやろうと思いましたが・・・・・








あんま作業効率よくなかったようでほとんど作業進んでいません。

では、今日の作業をどうぞww

01_20090830190209.jpg
ごろりと横たわっているのがEキャブです。


02_20090830190301.jpg
さーて、これは・・・・・


そうです。
オプションパーツのスペーサーです。
セットで付いていたのですがこれにあうOリングが見つかりませんでした。

そこで、

株式会社 パッキンランド】さんから購入しました!
サイズと用途(ゴムの耐性)であうサイズのOリングを探してくれました。
03_20090830190537.jpg
発注ついでにEキャブ本体の物も購入しましたw
ちなみにこのアルミのスペーサーのOリングはEキャブ本体のOリングは使用できません。
サイズと太さが違います!!!注意が必要です。

04_20090830190940.jpg
先にインシュレーターをセットします。
これは断熱材の役目をします。
あって損はないでしょうw
このパーツにもOリングをセットして内側になるようにセットします。

05.jpg
ピッちりとはまったOリング
ばっちりじゃないですか!パッキンランドさんマジで助かりました。

06_20090830190951.jpg
ちなみに同じようにサンドしていきます。
このスペーサーがあるとキャブ(加速ポンプあたり)とプッシュロッドとの間に余裕が出ます。

07_20090830190957.jpg
次はキャブサポートを制作します。
段ボールがだいたいの目安になるようにテストで制作したものになります。

08_20090830191001.jpg
万力を使用しながらカーブを作っていきます。
ゴム槌と金槌を使い分けます。

09_20090830191006.jpg  10_20090830191009.jpg
穴を微調整します。
もちろんボルトが入るのを確認しましょうww

11_20090830191013.jpg
表面の傷を軽くやすりで整えます。
400番のやすりで磨くと今のショベルのアルミと同じような質感にww
深い傷は時間の問題からこの程度で。




さて
ここからが自作の醍醐味ですよー
そのままのアルミのサポートだと味がないので


これを初めて使ってみます

12_20090830191018.jpg










これ、、、、、



なんだかわかりますか???












ここでピンときたらかなり凄いww









打刻でしたw
ハーレー用の物を以前アメリカから購入していました。
13_20090830192246.jpg
どうでしょうか?
バイクの年式は80年式なのですが、パーツがほとんど79であったりww
で1979年としちゃいましたw80より79が好きというのもありますが(^v^;)
そういえばショベルヘッド’79 って歌があるのには驚きましたww


それと今年の年号を打刻して完成!
14_20090830192710.jpg
さりげないが、なんとなくバイクを大事に思っている、、、、という感じ出ていますかw
うーん自分的には結構いいものになったと思いました。

15_20090830192848.jpg
ちなみにメインのナットは奥でしっかりしめて、そのナットのまえにこのように上からセットができように作ってみました。
このようになっていれば脱着が簡単ですし、メインのナットは緩めないで済みます。







っと、ここでお約束のトラブルがww

ここに合うナットがありません。

細目のナットのようですね・・・・うーん、発注しないと無いかもw
またサクッといきませんなw

ここがお店と個人の在庫の限界でしょうかw






16_20090830193122.jpg
引いてみるとこんな感じです。
うーん、やはり打刻があるとなんか意味ありげでいい感じです。
あと何年かすると 経年変化でさらにいい味を出してくれることでしょう。
(^v^*)


 17_20090830193429.jpg
こちらはマフラーのマウント
以前お店がつくってくれたサポートはしっかりとセットすると間にはまりませんでした。
Zのような(さっき作ったキャブサポートのような)サポートは隙間からしてむりですね。

ボルトの頭が入るだけの隙間しかありませんので
このような感じでやってみるしかなさそうです。
ちょっと強度や振動に耐えれるかはテストしないとわかりませんね。
19.jpg 
まだ穴あけしていないのでわかりませんが(曲げたアルミの状態w)
さーーて、うまくいくのかな?
(^v^;)


まぁ、失敗しちゃうのを報告するようなブログですからねwww
最近の情報は、あまり参考にならないかもwww
スポンサーサイト
キャブレター系 | コメント:0 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。