お酢の力 軸付砥石

ど素人の酢がショベルFLHのメンテナンスに奮闘する日記ですorz。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

タンク無しSUになると・・・

昨日の続きをおこないましょう。
キャブのタンクが無くなるとどうなるのか????



CA3C8921.jpg  CA3C8926.jpg
こんな風に隙間ができました。
タンクの隙間を考えて左にタンクがくるキャブを掃除しました。




でも、、、、タンク付かないならどっちでも同じだwww

さらに!
外側にスロットなどのパーツがあるより、内側にあったほうが誤作動の心配が無いと思いました。
足とキャブが接触したとき、接触する部分がスロット部分なのですwww
なら内側のキャブにしましょうかw
CA3C8923.jpg
↑手に持っているのが右側にタンクが来るキャブ
そのままタンクがあると足とぶつかって嫌なので避けていましたが、タンクそのものを外すので
まったく問題なしですw



CA3C8927.jpg
ばらします。


CA3C8928.jpg  CA3C8929.jpg
あ、、、こちらのSUにはピストンピンありましたw
昨日ばらしたキャブにはありませんでした(欠損)



CA3C8930.jpg
とりあえずクリーナーで洗っておきます。





CA3C8931.jpg
待ち時間がもったいないので次の問題。
Jetのほう手を付けていきましょうか。

折れてしまったJet・・・はたして再利用できるのか?






CA3C8932.jpg
分解するにも道具がありません。
お店で薄い砥石を買ってきました。




CA3C8933.jpg
この砥石・・・めっちゃ薄い。
力任せに作業すると恐ろしいことになりますねw





CA3C8935.jpg
二か所に亀裂入れても取れませんでしたw
なのでさらに中間に切り込みを・・・・。
ゆっくり慎重に作業しましょうww

Jetに傷をつけたら最悪ですし(^v^;)





CA3C8936.jpg
おお、やっとバラけた!!!






次はプラスチックなのですが、これが思った以上に大変でしたよ・・。






CA3C8937.jpg
ちょこちょこ過熱しながら砕いていく。
一気に加熱するとよくないと思うので・・・




CA3C8938.jpg
少し取れてきました。
なんか溝がありますぜ?








CA3C8939.jpg
これが完全にクリーニング終わった姿w
溝が二か所に掘ってありました。
プラスチックが外れないための物でしょうね。



Jetの作業中にクリーニングも終わりましたw
ブラシで再度掃除して終わります。

次は部屋で組み立て作業します。
CA3C8941.jpg
(昨日と同じなので省く)





CA3C8942.jpg
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


掃除してわかった事。
Jetの保持するパーツが曲がっている????
このパーツはスチールである。



これはもう、あれですな・・・





そう・・・








落下した証拠ですね!!!


で、落下時にJetが折れたと


出品者はうそついてたのかwww





まぁ、、、もういいや。


CA3C8943.jpg
この溝がなんか使えそうなのです。






CA3C8944.jpg
ピッタリのナット発見、後は対ガソリンOリングで固定できそうだ。






CA3C8945.jpg
どうなるかわからなかったJetのほうも、なんとか自分のみで対処できそうだ(溶接無で)
後は、Jetと保持パーツとの連結部分を考えて今日は終わりとしますw



水曜あたりにサクッと作業したいですね。
(バッテリーケースも考えないと)



スポンサーサイト
キャブレター系 | コメント:0 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。