お酢の力 軸付砥石

ど素人の酢がショベルFLHのメンテナンスに奮闘する日記ですorz。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

稼動部分を考え直そうw・・・ ツイン SUフューエルタンク マウント制作 5

今日は、マウントの微調整ギミックを作っていきましょうか。
と、ここで嫌なものをみてしまった・・・・。





CA3C9097.jpg
このタンクをキャブにしたがって位置あわせをすると・・・
リターンのオイルラインに干渉してしまいました。
手前にオフセットをしてもブレーキペダルの邪魔になるし。







CA3C9098.jpg  CA3C9099.jpg 
↑このオイルラインです。           ↑このようにマウントの時点でぶつかっています。

これは、、、リターン側のオイルライン作り直しですね。
オイルライン後にキャブ携帯を変えたのが原因ですから、製作手順ミスですね・・。

どちらにせよ、このキャブで行くなら再度製作する必要があります。






CA3C9102.jpg 
次はタンクのスタッドを作っていきましょうか。
ベースがアルミのため。このほうが長持ちするでしょう。





CA3C9100.jpg  CA3C9101.jpg 
丁度いい長さのボルトがありません。
ここは削って作りましょうか(^v^*)
右の写真が完成品です。

ボルトをカットしたらちゃんと慣らしておきましょう。
ここの処理があまいと取り付け母体のほうが痛みます。





CA3C9104.jpg 
ボルトの真ん中あたりにロックタイトをつけて締め付けます。
締め付け部分全てにつけてしまうと熱による解除が厳しくなるので
比較的、手前にのほうだけにしておきました。





CA3C9103.jpg 
丁度よい長さになりました。
ここはUナットで固定します。






CA3C9105.jpg 
後は、微調整ギミックのほうなのですが・・・・
いろいろと問題がありました。
もうちょい考えなおす必要がありますね。





いろいろとカスタムすると、全体を変えることになるのでかなり時間がかかりますねw
車検切れなので時間きにせず、じっくりやっていきましょうか。






スポンサーサイト
キャブレター系 | コメント:0 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。