お酢の力 軸付砥石

ど素人の酢がショベルFLHのメンテナンスに奮闘する日記ですorz。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

フロントフェンダーを作る まずベース加工から

溶接屋さんが多忙のため、溶接作業は後日に持ち越しです。
本業のほうの作業に悪影響が出てしまうのだけは避けなければなりませんから。


さて、台風が明日来ることも考えて
できるだけ作業を進めていきましょう!!!!


そうそう・・・・ずっと感じでいた疑問だったのですが。
リアのフェンダーにはフェンダートリムがつけれるような段差がありますよね。
なのに、なぜフロントフェンダーには段差が無いのか?


ナックル・パンヘッド時代のリアフェンダーはショベルまで大きく変化はありませんでした。
ヒンジタイプまではフェンダー自体に段差があります。

フロントフェンダーはスプリンガー以降の49年から変わりました。
こちらもショベル、エボと現行の物も変わらない形状ですがこの年代からフェンダーに段差がなくなっています。


私的にはリアフェンダーに段差があるのであれば、フロントフェンダーにもあれば統一感があっていいですよね??

今日の作業は完全なる自己満足ですwww





CA3C0992 - コピー  CA3C0991 - コピー
はい!!!!
現在はフロントフェンダーは外しています。
このままでもかっこいいのですが雨の日は辛いですよね。
フェンダーはこの中古のスプリンガー用のフェンダーを利用します。
このタイプはフェンダーに段差がありますよね。
これが好きなんですよねwww






CA3C0993.jpg
このままでは取り付けができないので加工していきます。
リベットによって固定されています。
これを外していきます。






CA3C0994.jpg

う・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



グラインダーで頭部分を削ったのですが、取れませんwww
と、いうかリベットの場所すらわからないようになりました。
この方法ではうまく外せそうにないですね。


方法を変えて、ドリルによる穴あけに変えていきましょう。







CA3C0995.jpg
ドリルによる方法が正解のようです。




CA3C0997.jpg
4つのリベットを外し終わりました。
これでマウントとフェンダーを分離することができました。





CA3C0998.jpg
これはこれで使えそうなのでとっておきます。






CA3C0999.jpg
フェンダーは長い期間保存されていたようです。
錆がかなりあるので今までと同じくワイヤーブラシで削っていきます。









CA3C1000.jpg
かなりの差が出ていますねww
裏面・表面全ての面をならしていきます。








CA3C1003.jpg
フェンダー加工初めて、3時間ほど。
磨き時間には2時間かかりましたm(_ _;)m







CA3C0005_20110528193153.jpg
軽くあてがってみました。
なんか・・・自分的に満足ですw

スプリンガーぽくもあり、ショベルっぽくもある。
これが理想だったのです。


一般的に販売などされてないので作るしかなかったからです。
まず、最初にいったようにフェンダートリムがつけれる段差がないのはバランスが悪い。
の他にも理由があります。

タイヤのホワイトウォール部分と
ホイールのカバーをもっと見せたかったのです。


丸いホイールカバーを大きく見せるためにはこの形状でないと無理ですからね。



後はテレスコピックのフェンダー取り付け部分とフェンダーをつなぎ合わせればカスタムフェンダーの完成ですねw
今回はお安くできたと思います。
取り付けパーツが届き次第作業再開とします。


明日は台風のため作業中止かも?








スポンサーサイト
カスタマイズ | コメント:0 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。