お酢の力 軸付砥石

ど素人の酢がショベルFLHのメンテナンスに奮闘する日記ですorz。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

フロントフェンダーを作る 今ある物で出来るところを詰めていく

さて、不足パーツや溶接待ちパーツで他の作業をさがしてみましょう。
フロントフェンダーも先につながるパーツが在庫不足でぜんぜん手に入りません。
完成系は前方がヒンジにより、可変できるような物をめざしています。

リアフェンダーのような感じですね。
フロントフェンダーはエスカルゴフェンダーのように深いタイプになるからです。




CA3C0212_20110925192822.jpg
では、その可動部分の仕上げに向かって作業を進めましょう。
この部分、フェンダーがかさなるためリアフェンダーみたいな段差をつくる必要があります。







CA3C0213_20110925192822.jpg
このような部分ですね。








CA3C0216_20110925192823.jpg
板金サンプルとして使ったフェンダーの先になります。
長さが足りたいためサンプルとして持っていました。
こちらから素材を切り出していきましょう。









CA3C0217_20110925192823.jpg
グラインダーでカットしていきます。








CA3C0218_20110925192824.jpg
カット後はヤスリで綺麗に仕上げていきましょう!








CA3C0219_20110925193537.jpg
こんな感じでww








CA3C0220_20110925193538.jpg
フェンダー部分。
先ほど作ったパーツがこのままでは上手く取り付けられません。
この折れ曲がった部分を削っていきます。





CA3C0221_20110925193538.jpg
カット後になります。







CA3C0222_20110925193539.jpg
ここでヒンジのほう先に調整しておきましょうか。






CA3C0223_20110925193650.jpg
通常のショベルFLHのリアフェンダーにあうようなアーチになっています。
このままではフロントフェンダーには合いません。




CA3C0224_20110925193651.jpg
ハンマーを使用して簡単にアールを作っていきます。







CA3C0226_20110925193651.jpg
まだ調整段階ですが、このようにフェンダーにあっているようになりました。






CA3C0227_20110925193652.jpg
加工していない反対側のヒンジをあてがうとここまで差がでています。
反対側はフェンダーの先が見つかり次第加工しますか。






CA3C0228_20110925193842.jpg
ヒンジ部分を調整していきましょう。
フェンダー部分のふくらみを修正していきます。




CA3C0231_20110925193842.jpg
板金セットの用意です。








CA3C0230_20110925193843.jpg
赤いハンマーはそのままに、この上から違うタンマーで叩いていきます。






CA3C0233.jpg
こんな感じで完成しました。
ヒンジ部分はリベットで固定するか、ネジ留めにするか?

なぜ迷っているのか?

メッキ加工の専門家より、重なった部分はメッキが入っていかないのでそこから錆びます。
お勧めできませんとのことでしたから。
このヒンジを4個所リベット固定するよりボルト固定にしたほうが良いのではないかとw

そうすればヒンジだけでメッキ。
フェンダーだけでメッキ・・・という方法が取れますので。

まぁ、まだメッキにするか決まっていませんけどねwww
できるだけモノトーン的な感じで仕上げていきたいと思っています。



CA3C0235_20110925194038.jpg
こちらの部分も付けていきます。
まだ微調整が必要ですね。

ここで時間切れ・・・。



作業は来週に続きます。







スポンサーサイト
カスタマイズ | コメント:0 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。