FC2ブログ

お酢の力 軸付砥石

ど素人の酢がショベルFLHのメンテナンスに奮闘する日記ですorz。

メーターの防振と穴のあな

自作メータープレートの作り直しをしています。
なぜ作り直ししているのか?
それは・・・・メーターベースその物から防振させる事に決めたからです。

今まではメーターが取り付けられるピンに防振ワッシャーを合わせて使っていました。
今回はハーレー用のメーターは取り付けません。
なので、防振に対して考え直さないと取り付けたメーターが振動で壊れてしまうかもしれません。





CA3C0371_20121110190621.jpg
では、どのような方法で防振するのか?
この左側にうつっている3つのネジ穴の中央のネジ穴・・・これです。






CA3C0372_20121110190621.jpg
FLでは2つのネジ穴を使いメーターダッシュを取り付けています。
先週たまたまFXのフレームを見た際に驚きました。
それは、中央のネジ穴に防振用のラバーマウントを使ってメーターを固定していたからです。


それをみて、初めてこの穴の意味がわかりました。
これを使って全体的に防振できるような物にしましょう。





CA3C0376_20121110190622.jpg
と、思いましたがなんだかネジ穴がキツイですね。
錆びているのか?







CA3C0375_20121110190622.jpg
なら綺麗にネジ穴を整えていきますか。
インチ工具と切削油を準備します。







CA3C0378_20121110190922.jpg
こんな感じで丁寧に処理して行きます。
フレームは硬いときいていましたので、よく油をさしながら作業しました。







CA3C0379_20121110190923.jpg
出る出る、切削カスが・・・。








CA3C0380_20121110190923.jpg
綺麗にネジ切りした後にストレスなく入る事を確認しましょう。
ラバーマウントパーツが入りますので、手で入るようにしておかないといけません。
ネジ穴がきついとボロボロになったラバーマウントを交換するときに苦労しますwww





CA3C0382_20121110190924.jpg
ネジ穴は、ここまで綺麗になりました。
多分ですが、FLとして使用されていたので一度も使っていなかったのかもしれません。
初めにとった写真では、黒い塗装されたままでした。

メータープレート作り直しが終わりましたら続きを載せていきますね。




スポンサーサイト



カスタマイズ | コメント:0 | トラックバック:1 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking
| ホーム |次のページ>>