お酢の力 軸付砥石

ど素人の酢がショベルFLHのメンテナンスに奮闘する日記ですorz。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

ショベル コンフォートシートのパーツを自作する その5

今日も、ひたすら研磨の作業ですw
錆びの除去はしっかりしておかないと塗装後・スポンジ・皮張り後に問題が発覚しても修正できませんからね。
後もどり作業にならないようにしましょう。



CA3C0088_20130526211138.jpg
作業前に、田舎からもってきた種が・・・
芽が出たようです。埋めたのが1月ぐらいなのですっかり忘れていました。
大きく育ってくれるといいな。







CA3C0089_20130526211138.jpg
では、本作業を行いましょうか!
裏面はほとんど作業できていませんでしたからね。
(壮絶な錆取りだけの一日がはじまるのでした。)





CA3C0092_20130526211139.jpg
表側も結構磨き忘れ個所が多いようです。
今日は表側の磨き忘れからみていきましょうか。





CA3C0094_20130526211140.jpg
と、ここで溶接による修正を発見しました。
ここは、処置も中途半端なので再度溶接にて調整してもらいましょうか。






CA3C0093_20130526211139.jpg
裏面・・・かなり酷い錆びです。
ココまでするのに2時間近くかかりました。
錆びの根が深い事、狭い場所なので手動による磨きも入っています。






CA3C0095_20130526211140.jpg
ワイヤーブラシの長時間使用はやばいので20分ぐらい休ませ、その間に表部分の仕上げを行います。
磨きむらをなくすためです。
溝の部分は、紙やすりでもうまく剥離できなかったので、塗装屋さんに相談してサンドブラストをあててもらいましょう。
(まだ相談していませんが、この場所はサンドブラストじゃないと厳しいです)




CA3C0096_20130526211342.jpg
溝以外は、完了です。






CA3C0097_20130526211343.jpg
裏面の工具が入らない場所は、ひたすら紙やすりで処理を続けていきます。
地味で、そして凄く疲れる作業です。
(・・・自前のサンドブラストがほしい)






CA3C0100_20130526211344.jpg
う・・・・ここでクラック発見!!!
一番負荷と振動が来る場所なので、クラック入ったのでしょうかね?
裏面までクラック入っていたので溶接による穴埋めが必須です。






CA3C0099_20130526211345.jpg
裏面部分が錆び錆びなので、溶接うまくできるか心配ですね。
ここもサンドブラストをお借りする事ができたらしっかりメンテしたいです。






CA3C0098_20130526211344.jpg
この状態で開始から4時間ぐらい経過w

ほんとにこんな頑固な錆びと格闘するとは思いませんでした。
錆びている部分が”ほぼ全面”なのでw
やってもやっても終わりが見えて来ません。




CA3C0101_20130526211345.jpg
開始から5時時間経過。
手が棒のようになりましたとさw
赤錆が粉のように舞い、黒錆びが頑固で剥離できない。
ワイヤーブラシを何度もあて直しながら綺麗にしていきます。
紙やすりのゴミがドンドン増えているのがわかりますw




CA3C0106_20130526211642.jpg
作業(体力)の限界が来た感じがしたので、最後に20分間
化学錆取り剤を使用します。
この部分ドリルワイヤーブラシも入らず、紙やすりでも出来ない部分なので・・・。







CA3C0107_20130526211643.jpg
手動のワイヤーブラシで何度か擦りましたが、ほとんど変わりませんでした。
錆びの層が何重にもある感じですね。
もう、サンドブラスト様にお願いしましょうw






CA3C0102_20130526211643.jpg
さて、シートと外してしまったマウントはどうするのか?
たぶん今回もフランジナットを使用して溶接したいと思います。
リベット径からもM6が良さそうです。





CA3C0103_20130526211644.jpg
裏面はこんな感じ。
ナットを溶接したら、赤のロックタイトで固定します。
錆びなど再塗装時には分離できます。
M6ですが、6本もあれば強度的にも問題ありません。
要は、ズレ無いだけの固定なので横に対する力に負けなければOKなのです。
約6時間でこの作業内容・・・錆びはやばいな。
作業効率悪すぎる。


少な~~いですが給与が入ったので、作業停止していた物も順次再開して行きましょうw
丸ボスの在庫が無くなったので、素材の発注からはじめますか。
作業は来週に続きます。
近々、オリジナルコンフォートシート(シートスプリングマウント本体)の完成だ!




CA3C0109_20130526214553.jpg

追伸

赤錆のほうかなり舞いますので、防塵マスク必須です。
PM2.5対応のマスクですが、ここまで真っ赤になりました。

なので、

錆取り作業はマスクしましょうね!


健康第一です。




スポンサーサイト
メンテナンス | コメント:2 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。