FC2ブログ

お酢の力 軸付砥石

ど素人の酢がショベルFLHのメンテナンスに奮闘する日記ですorz。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

ショベルのカスタム 丸スイングアーム その2

その2の作業内容になります。





CA3C0317_20140315195129c5e.jpg
どこから切り直そうか・・・。
カスタムで溶接された部分から見ていきましょう。

ビードを削っていきます。
そこでわかった事が・・・これは黒塗装ではなくメッキの上に黒く塗装されていたようですね。

銀の面の下に銅の色が・・・。

黒塗装
メッキ面
銅メッキ
地肌

という感じかな。



CA3C0318_201403151951307f3.jpg
本来ある溶接痕は残し、カスタムで作られたビードは綺麗に整えておきます。




CA3C0320_201403151951312dc.jpg
結局、どこからカットするか迷いましたが、鋳物パーツ前でカットする事にしました。
そこでカットしていて気になる事が・・・。



CA3C0321_201403151951324b2.jpg
入れ歯になっているようです。
一気にカットしないでよかった!





CA3C0322_201403151953513cb.jpg
抜きだした状態。
錆があるが、この様な感じで組み付けていたのですね。




CA3C0323_20140315195352bf4.jpg
パイプの内径・・・
予想より随分厚い。






CA3C0324_2014031519535392c.jpg
反対側は、錆びていませんでした。
なんの違いがあったのか?




CA3C0326_20140315195354566.jpg
とりあえず、このように切断して分けることに成功しました。
単体でも十分重いなぁ。
流石、鋳物製品w




CA3C0330_20140315195538b23.jpg 
再溶接のために塗装を剥離しておきましょう。





CA3C0332_201403151955409b3.jpg
こんな感じで綺麗にしておきますか。






CA3C0335_20140315195541c8d.jpg
結局、チョップされて短くなった分を戻すには新たにフレーム鋼で補うしかありません。





CA3C0337_20140315195823f57.jpg
しかし、、、購入したパイプ。
これでも取り扱っている一番厚いパイプだったのですが厚さが足りません。

左が付け足す為に購入したパイプで、右がスイングアームのパイプ。
内径が異なるので、先の鋳物パーツが上手く固定出来ません。

今の段階でできる作業は行いましたので、再来週までにもう一度パイプを探しておきましょう。



追伸
検索していたのですが、良い情報がありませんでした。
自動車・フレーム用鋼材でφ33 のt 5 の物の情報があればコメントにてお願い致します。
素材が手に入らないと先に進めず、没になるので・・・。
m(_ _)m 宜しくお願い致します。


LIFEのイチカワさん
情報ありがとうございました!

スポンサーサイト

カスタマイズ | コメント:0 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking
<<ボロボロのFLHオイルタンクからパーツを取りだす | ホーム | ショベルのカスタム 丸スイングアーム その1>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。