FC2ブログ

お酢の力 軸付砥石

ど素人の酢がショベルFLHのメンテナンスに奮闘する日記ですorz。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking

ちょこっと作り直し作業 ちょこっとトラブル

土曜日の作業をどうぞ。
すこし時間ができたので作業しました!
しかい暑いですね。

直射日光が痛いぐらい


CA3C0733_20140713111634257.jpg
塗装から上がってきたパーツについて
バッテリーマウントとオイルタンクマウントの塗装厚が予想以上に厚くパーツの合体が出来ませんでしたw
これは予想外。
外に塗装として出したのは初めてだったのでこんな事に。
ギミックパーツ周りは厚さ指定したほうが良いみたいです。
部分部分剥離とかする物結構なコストなので、このパーツはテストとして放棄。

塗装のいらないステンレスにて作り直す事にします。
より詳細なデータが取れたので、VerUPさせます。
※メッキ処理したとおもって費用追加する感じならステンレスに変更できるとおもう為。
 しかも、L字では上手く折り曲げ部分にメッキがのらないといっていたので。






CA3C0731_20140713111635b6d.jpg
台座を作ります。
物はSUS303です。
ステンレスに対してステンレスの足をロウ付けする為です。
今回は、鉄と違い「丸ボス」みたいなネジ切りされた加工品がありません。
無垢の丸棒から削り出していきましょう。




CA3C0734_201407131116360ef.jpg
グラインダーで削っていきます。
弓鋸では日が暮れてしまいますw





CA3C0735_20140713111636918.jpg
長めにかっとします。
この後、旋盤でフラットに加工していきましょう。
前回のマウントではアクセサリー固定として計6個のマウントでしたが、今回の物は2個のマウントに変更です。
重量の問題もありますが、取り付けがシビアだったので2個で十分かなとw





CA3C0737_20140713111637a1e.jpg
快削なのでサクサク削れます。
マイクロや小型旋盤でステンレスを加工する場合は快削にしないと駄目ですね。
304と303って凄い差があります。






CA3C0738_20140713111638495.jpg
下穴あけ作業。
M8用の穴をあけてネジ切りしていきます。




CA3C0739_20140713111811465.jpg
ネジ切りは古典的な万力に挟んでグリグリってやっていますw





CA3C0740_20140713111811c2c.jpg
タップだけは、通常のストレートではなく、スパイラルタップを使用しています。
これってホントよく切れて、力もいらない良い工具です。
貫通穴ではないネジ切りにも適しているので、買い直す機会がありましたらスパイラルタップをお勧めします。




CA3C0741_2014071311181207a.jpg
ボルトが普通に通ったのでネジ穴としては完成ですね。






CA3C0743_20140713111812ce5.jpg
足としての段差を加工して完成。
右が加工前の丸棒です。
今回はサクサク作業が進んでいい感じですね。




CA3C0744_201407131118139cf.jpg
と、ここで日射により機械がオーバーヒート気味w
少し休憩させておきましょう。
今日はホントに暑いなぁ・・・・。



ここで、今までありえなかった事が起こる。





大事件














塗装剥離剤の缶が破裂した!

(^o^)/オワタ














物置の扉をあけっぱなして直射日光が当たっていたのが原因?!
今までも同じようにやっていたのに何故か今日に限って・・・それだけ日差しが強かったってことか。


直射日光にあたっていた時間としても60分ぐらいで・・・。





CA3C0745_201407131118145a7.jpg
拭き取っている最中だけど、工具箱おいている周りを剥離剤が・・・・
物置の塗装が剥離されてしまうという状態に。
※不幸中の幸い、剥離剤は1/3ぐらいしか残っていなかったからこの程度で済んだ。

しかし、飛び散るように破裂しなくてよかった・・。
目にはいったら失明してしまいます。
皮膚には付いたけど焼けるように痛いんです。


後半はなんとこの作業で終わってしまいました。
また来週この作業を進めていきましょう。





追伸

オイルタンク側の給油口の加工品が届きました。
LIFEイチカワ様
加工ありがとうございました!!
すごく満足しています。


CA3C0723_20140713112024df1.jpg
全部で10個



CA3C0724_2014071311202552b.jpg
片側のみ加工
反対側は斜めにする際にカットするので加工する意味がなかったのです。
この内部の段差に下駄が入ります。
キャップにあった下駄をはかせることでオイルタンクとしての汎用性(自由にキャップを選べる)を高める仕様にしました。



スポンサーサイト

カスタマイズ | コメント:0 | トラックバック:0 | にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
他のカスタムページ総合 FC2 Blog Ranking
<<う・・・ネジ切りにも対応範囲があるのか | ホーム | ウインカーボディの状態をチェックする>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。